感想記。

レポとかではなくただただテレビやラジオの感想を書く日記。

夜は短し歩けよ乙女

いってまいりました。
日舞台挨拶。
TOHOシネマズ日本橋
14:45の回。


f:id:kmhn:20170408201219j:plain


いやぁ、おもしろかった。

アニメとか、ジブリやディズニーくらいしか見ない私ですが、
本当におもしろかった。

原作まだ途中までしか読んでないし、
予告とか見た感じ、もっととっちらかってるのかなぁと思ってたんですが、
全然そんなことはなく。

黒髪の乙女(花澤香菜ちゃん)が魅力的で。

いやぁ、声も素敵だったけど姿もかわいかったよ、花澤さん。
乙女と同じ赤いワンピースで登壇されてて、ホントにかわいかった。

そして、先輩。星野源
なんかアフレコしてる姿が目に浮かぶというか。
それがいいことなのか悪いことなのかわからないけど、
一生懸命な感じが役の先輩といい意味でリンクしてたと思った。

そしたら、舞台挨拶でも花澤さんが、先輩は本で読むと偏屈な感じがするけど、
星野さんがやることで一生懸命な感じになってよかった
的なニュアンスのことを言っていて、そうそう!ってうれしくなってしまいました。

なんかそこは、平匡さんと共通してるかなと思いました。
(あんまり、比べるようなこと言いたくないんだけどね💦)

で、舞台挨拶の星野さんですが、先輩と同じ白シャツ、メガネで登壇。
かっこよかった。
キラキラしてた。
笑顔が眩しかった。

映画のネタバレになっちゃうから詳しくは書きませんが、
星野さんが選ぶ黒髪の乙女の好きなシーンが、
自分と同じでとてもうれしかったです。

あとは、パンツ総番長すごいよかった。
秋山さんすごいわ。

なんか、いろいろ小ネタもあったしもう1回見たいなぁ。


おすすめです。